人生の羅針盤ともいえるライフプランの立て方とは?

   

何事にも良い計画や目標があると、効率的に行動でき、それを達成できる可能性は高まりますよね。これは人生においても当てはまります。ライフプランを持っているか、持っていないかでは、今や老後の生活を楽しめるか、資産を効果的に運用できるか、仕事を有意義なものとできるか、といった様々な点に違いが出ますし、それは個人としてだけでなく家族や関わる人に影響を与えるものとなります。では人生の行くべき方向を指し示す羅針盤とも言える、ライフプランをどのように立てることができるでしょうか?考えてみましょう!

・年齢ごとにプランを立てる

まずライフプランを立てる点で基本となるのは、自分の「年齢」です。といっても初めは全ての年齢ではなく、30歳・40歳・50歳という様に10年ごとに分けると考えやすくなります。家族が既にいるのであれば、家族の年齢も記入しておくと良いでしょう。既に想定できることはあるでしょうか?自分の定年や車や家のローン返済の時期、子供たちの入学・卒業、成人といった、イベントや確定している出来事をまず埋めてみましょう。このライフイベントの中には、今の時点では想定できない点、結婚や出産といった大きなイベントも含めていきます。その後なりたい自分を当てはめてみるのです。10年ごとが難しいと感じるのであれば、定年後など大きなイベントの時の自分を考えても良いかもしれません。海外旅行に行くというものでも良いかもしれません。夫婦で、もしくは家族と、友人となのか、具体的に目標を立ててみましょう。他にも定年後の家族構成でも良いかもしれません。まずは大きな目標を設定し、それを実現すべく小さな目標を逆算していくと比較的簡単にライフプランを立てられます。

・ライフプランにマネープランも含める!

生活していくには絶対にお金が関係してきます。ですからライフプランの中にお金、資産といったマネープランも含めておくのは重要です。いつまでにいくら必要なのかは大まかに計算できるかもしれませんね。その金額を目標の年齢までに集めるためには、いつから、また毎年いくら貯金するべきかも分かってきます。子供の学費やマイホームのための費用など出費も含められますし、定年退職金といった収入も忘れずに含めましょう。マネープランを立てると、今の給料では賄えないことに気づくかもしれません。どのように収入を得ますか?転職を考える、起業するという方法もあります。また投資による資産運用という方法もあります。投資であれば、何歳から始めるでしょうか?毎月いくらの収入を予定して、いつまでにいくら貯まるでしょうか?このようにお金とそれに関係する出来事、それによって得られる金額を記入できます。マネープランが入っているライフプランはより具体的で、資産を賢く増やす点で役立ちます。

・使えるツール

今まで考えてきた内容を漠然と頭に持っているだけでは意味がありません。書面にするなどの形に残しておくことで、一層プランが明確なものとなりますし、常に意識してそれに沿った行動をしやすくなります。しかし、自分で表や書式を作り、まとめるには時間もかかりますし大変な作業です。その点で最近は役に立つツールも沢山あります。インターネットではライフプラン用にシュミレーションソフトも有料のものだけでなく無料のものもあります。スマートフォンやタブレットに対応したアプリもあり、既にある書式に入力するだけで簡単に作成できます。また、自分なりにまとめるのであれば、エクセルを使うこともできます。手書きでも作成はできますが、何度か見直し、調整を加えていくことや、プランの横に現在の状況を追加していくことなどを考えると、電子化されたものの方が使いやすいかもしれません。長期プランやベースとなるものはパソコンで作成して、年間・月間プランといった短期的なものをノートなどにまとめて、いつでも確認できるようにしている人もいます。どんなツールを使うにせよ、重要なのはその書式やスタイルではなく、中身なので、こだわりすぎずにまずは作ってみて、少しずつ自分仕様に調整を加えていく方が良いかもしれませんね。

・まとめ

先が分からないから人生は面白い!とも言われますが、なりたい自分を目指し達成していくことは先の分からない将来をもっと有意義で面白いものにしてくれます。その点で、ライフプランを立てることは役に立ちます。年齢ごとになりたい自分を考えてみましょう。その為には、何が必要でしょうか?お金はいくら必要でしょうか?目標が定まれば、それに関係することも分かってライフプランがより具体的になっていきます。頭で考えるだけでなく、パソコンやスマートフォンを使って、書面化・データ化することも忘れないようにしてください。人生は人それぞれなので、ライフプランの内容に正解というのはありません。しかし自分のライフプランを持っていることは、いつも自分自身を見つめ直し自分を知ること、資産を賢く運用することや、何歳の時でも生きがいや楽しみを見いだすことに役立つでしょう!

【担当:位田 伸宏】

 - ライフプラン

  関連記事

  おすすめ記事