遺産はどうやって分配する?不動産の分配は?

   

子供や孫に遺産を出来るだけ残してあげたいと思っていた親の気持ちとは裏腹に、残念ながら遺産相続のトラブルは後を絶ちません。遺産はどのように分配されるのでしょうか?

・遺産の分配と相続人

遺産を相続するのは多くの場合1人ではありません。法的に認められた遺言書で誰か1人を指定していない限り兄弟や妻子、養子など1人ではなく、何人かに相続の権利があります。そして、そのような場合は、遺産の相続についての話し合いが必要になります。相続権のある数人で遺産を分配することになりますが、そのことを「遺産分割」と言います。

■相続人の範囲
遺言書で指定が無い限り、法的に相続人として認められている範囲の人が相続権をもちます。
・被相続人と婚姻関係にある人物、配偶者
・被相続人と配偶者の子供、または孫 
・被相続人の両親
・被相続人の兄弟姉妹、またはその子供にあたる姪
上記の範囲内で相続人を確定します。その後相続する財産を決定します。法律で定められた分配方法があり、誰が何をどれだけ相続するか分配の割合も決めます。相続人と相続する財産、割合が決まったら相続人全員による決定事項の賛成が必要で、遺産分割協議書を作成し全員の署名によって、協議を無事完了したことが証明されます。
・不動産における遺産分配は?
遺産の何をどれだけの割合で分配するかを決める点で、お金と違って分割しにくく感じる遺産は土地や建物といった不動産かもしれません。不動産に関しての遺産分割の方法はいくつか考えられます。
■現物分割・・・現物となる不動産をそれぞれの相続分に応じて共有するという分割方法です。例えば2人が法定相続人となった場合は、1個の不動産全体の権利を2人とも有していることになります。権利なので、文字通り建物の2分の1しか利用してはいけないというわけではなく、不動産を売却した場合や賃貸した際に受け取る金額の2分の1を受け取れるということです。
■代償分割・・・ある特定の相続人が不動産の所有権を単独で取得している場合などに、その他の相続人に対しては、不動産に変わって、それぞれの持分に応じた金銭を支払うという方法です。相続された不動産を1人の相続人が利用しており、他の相続人と共有することを望まない場合の解決策としてとられる方法です。
■個別分割・・・不動産以外にも遺産がある場合や複数の不動産が相続財産としてある場合は、不動産と預貯金など、それぞれ個別のものを継承させるという方法です。
■換価分割・・・相続人が不動産を利用しない場合は、その不動産を売ってお金に換え、その代金をそれぞれの相続分に応じて分配するという方法です。
これらの方法を用いて、相続の持分に応じて継承されることになります。

・まとめ

遺産の相続には、相続人の範囲や割合、遺産内容などが関係しており、遺産を分配するためには協議が必要となります。分割方法にもいくつか種類があります。複数の相続人が不動産を相続する場合には、どのようなかたちで分割するかを決めなければなりません。不動産を相続する人は、不動産の価値を把握することや、その後の不動産の管理の仕方なども検討したうえで分割方法を決めるべきです。残念ながら遺産の分配に関するトラブルは後を絶ちません。自分の資産を残す立場にある人は、相続人間のトラブルを避けるために、今のうちから法的に認められたかたちでの遺言書を残すことを考えてみるのが良いかもしれません。

【担当:大原 敦】

 - ライフプラン

  関連記事

  おすすめ記事