老後の心配NO.1は健康よりも経済的な問題?!

   

超高齢化社会の日本において、8割以上の人が老後に不安を感じているという調査結果があがっています。老後の不安や心配の原因となっているのはどんな点でしょうか?

・老後の心配は何?

老後の不安に対しての調査が国や様々な企業を通して行われていますが、その調査のほとんどで、1位もしくは2位を占める心配な点は「老後の生活資金」か「年金」の問題です。どの調査でも健康や介護という問題をおさえ、経済的な問題が8割程を占めています。心配の理由となる点に関して資金と年金は深く関わっています。年金がいくら貰えるか分からない、年金だけで生活できそうにない、それどころか年金を貰えるかも分からないという点があがっています。その点に加え貯金がない、今後貯金ができないかもしれないという理由もあげられています。逆に特に老後に不安を感じていない人には、今後の経済がどうなるか分からないので深く考えないようにしているという人に加え、具体的な資金計画を行っている、貯金を十分に行えているという理由がありました。

・老後に必要な資金はいくら?

老後の生活資金が心配だと感じている人は、月額どれぐらい必要と考えているのでしょうか?日本FP協会の「老後とお金に関する調査」によると、夫婦で過ごす費用として、年齢別に以下の結果が報告されています。
20代 ¥226,200  30代 ¥231,810
40代 ¥237,700  50代 ¥247,640
60代 ¥243,820  70代以上 ¥267,050
全体 ¥242,370
若い時に比べると活動範囲が狭まるために出費も少なくなると考えられますが、収入を得ていた時期と同じ生活レベルを維持することが考えられますし、移動手段にお金がかかる可能性もあります。既に老後生活をスタートしている60代以上の意見をもとに、夫婦で月額240,000円程の備えが必要と考えられます。

・老後の生活の備えは?

老後の資金に心配がある人が9割もいるにも関わらず、内閣府が調べた「高齢者の生活と意識に関する国際比較調査」によると、老後の経済生活に備えて「特に何もしていない」と回答する高齢者が約4割も占めているという結果が出ています。また、現在の貯蓄や資産について、老後の備えとして十分と考える高齢者の割合は37.4%で、逆に足りないと考えている人は57%も占めています。900万円以上の貯蓄があるという人でも、71.3%が不安を抱えているのが現実です。その結果、60歳以上の7割近くの人が老後も働きたいと思っています。しかし、体力面でも働き口の面でも限界があります。不安を抱える一方で、実際的な対策を行えている人は少ないのが現状のようです。

・まとめ

高齢化社会において老後の心配は、生活資金という割合が多くを占めています。20代~70代までのお金にまつわる悩みのTOP5で、医療費や介護費にいくらかかるか分からないという答えの1位に続き、2位にあがったのが、「貯蓄が出来ない」という問題でした。老後の生活資金への心配がある中で、医療費などの出費があるにも関わらず、収入が確保できないのが現状で、実際的な対策をとれていないようです。老後も継続して、どのように収入を得るか、資金をつくるかという点が、老後を安心した生活に導くカギとなってきています。年金も確実ではなくなっている現状において、老後にできる資金運用について考えていく必要があるようです。

【担当:大原 敦】

 - ライフプラン

  関連記事

  おすすめ記事