サラリーマン大家が効率良く利益を上げるには「新築木造アパート」がベスト!

   

サラリーマン大家が不動産投資を始めるための物件には、いくつかの選択肢があります。区分マンションを購入して賃貸経営を行う、または1棟もの中古もしくは新築のアパートを1棟まるごと購入して賃貸経営を行う、その構造は木造・鉄骨造・RC造(鉄筋コンクリート造)と選択肢があります。その中でも、サラリーマン大家が効率良く利益を上げる不動産投資は「新築の木造アパート」が最適です。今回はサラリーマン大家にスポットをあて、新築の木造アパートがなぜ投資物件として良いかについてご紹介したいと思います。

・新築物件VS中古物件

まず、新築物件か中古物件かという点から考えてみましょう!経営にあたって、この2つの大きな違いは、修繕と、それにかかる費用です。中古物件は新築物件に比べ、取得してから早い段階で修繕が必要となるケースが多いです。そのため、事前に修繕費を取り分けておく必要があります。その点、経営スタートの自己資金をできるだけ抑えて、少ない資金で経営を始め、ローンを返済しながら収入を得ようとするサラリーマン大家の多くの人にとって、早い段階での修繕費の出費は計画に大きな影響を与えます。できるだけ初期費用をおさえて経営のスタートを切るのであれば、修繕のリスクが低い新築物件が最適だと言えるのです。
しかも、新築は中古よりも確実に資産価値の評価が高く、融資も低金利で受けられます。入居者となる素人目から見ても、中古より新築に魅かれる人の方が多いため入居者の集めやすさでも新築の方が勝っているのです。

・木造VS鉄骨造・RC造

次に考えたいのは、構造部分です。融資をうけて不動産投資をする場合に重要なのは、資金の早期回収です。物件を新築するとなると勿論建築費用はそれなりにかかるので、物件が古くなりすぎる前に投資資金を早期回収するためには、建築費用をできるだけおさえることを重視する必要があります。その点で、建築費用をおさえられる構造といえば、「木造」です。同じ規模の物件を建てるにしても、木造とRC造では倍近くも費用が違います。ですから、建築費用がおさえられ、資金の早期回収が可能な木造アパートが良いのです。

・まとめ

修繕リスクが低く、修繕費や初期費用がおさえられる「新築」で、建築費用が安く投資回収スピードが早い「木造アパート」は、サラリーマン大家にとって不動産投資に適切な物件と言えます。物件を取得するための初期費用・融資期間において出来るだけ少なく、出来るだけ長く借りられることでキャッシュフローも見込めます。
しかし、新築の木造アパートであれば経営が成功するというわけではありません。入居者が入らないのでは安定した長期のアパート経営が見込めませんので、アパート賃貸のポータルサイトでよく検索される25㎡以上の部屋、バス・トイレ別など、入居需要に即した間取りや設備などについてもしっかりおさえておきましょう。

【担当:岡安 光康】

 - アパート建築, ピックアップ

  関連記事

  おすすめ記事