安定した収入が得られる投資とは?

   

投資というと「一攫千金」とか、「一山あてる」などと言われるように、安定した収入というより、パッと儲けるといった印象を持っている人もいるようです。確かに投資を始めた人の中には一攫千金を狙った冒険心からという人もいますが、投資を始める人の多くは収入を得るため、資産を運用して増やすためという目的をもっています。リスクが伴う投資によって安定した収入は得ることは可能なのでしょうか?

・投資には色んなタイプがある!

投資と一言で言っても、その中にはいくつもの種類があります。そして、その種類によってその投資が安定型なのか、一攫千金を狙うようなギャンブル型なのか、異なっています。どんな目的をもって投資を始めるのか、自分に合うスタイルはどんな投資なのか考えたうえで始める必要があります。

■ギャンブル型の投資:ハイリスクハイリターンと言われるタイプの投資です。リスクが高い分、成功すれば大きな収入が期待できます。基本的に流動性が高い投資です。
・FX・・・少しのお金で大きなお金を動かせるレバレッジというFX独自の仕組みがあるため、一攫千金を狙える投資ですが、替レートが変動し損失となる為替変動リスクや、投資先となる国の政治や経済状態が影響してしまうカントリーリスクを伴います。
・外国株式・・・世界経済の知識がある人にとっては大きなリターンを狙える投資ですが、知識がなければリスクばかりが高まり、間違った情報に流され失敗する人も多いようです。
• ・外国投資信託・・・外国投資なので日本のインフレに強く、大きなリターンを期待できる投資ですが、変動リスクと為替リスクが高く、手数料などのコストが高いといったデメリットもあります。

■安定型の投資:ミドルリスクミドルリターンと言われる投資タイプです。
・国内不動産・・・家賃の下落や空室リスクがあるものの、良い経営計画やサポート会社によってカバーできるリスクが多く安定型の投資の中でも特にリスクが低い投資です。
・国内株式・・・投資の中でもメジャーな商材となっており、情報も多いです。しかし、株価を予想することは難しく外国株式同様、国内経済の知識が必要となります。
・金・・・元本割れのリスクはありますが、比較的価格の乱高下は小さいというメリットがあります。世界中のどこでも同じ価格で換金できるインフレに強い商材です。

■堅実型の投資:ローリスクローリターンといわれる投資タイプです。
・預金・・・元本が保証された安全性がかなり高い投資ですが、低金利であるために、リターンは期待できません。
・国内債券・・・元本保証の個人向け国債といった、安全性の高い投資です。普通預金や定期預金に比べると収益はありますが、資産を増やすという目的を果たすものではありません。
・安定型の投資で安定した収入を!
上記で取り上げたように、ミドルリスクミドルリターンの投資を安定型と言いますが、安定型の投資が安定した収入を得られるものとは限りません。例えば、安定型の投資である金に関しては取引を行わなければ収入を得ることは出来ず、利息もなく持っているだけでは収入は何もないので定期的な収入が期待出来るものではありません。定期的な収入を得たいのであれば、長期的に運用する投資、不動産投資が安定した収入を得るに最適です。安定型の投資で尚且つ定期的に安定した収入を得られる投資となると、不動産投資など投資の種類が限られてきます。

・まとめ

投資には色んな種類があるので、自分にあった投資の種類やスタイルを選ばなければ、投資を成功させることは難しいでしょう。老後に備えて貯金するといった明確な目的をもって投資を始めるのであれば、流動性が高いギャンブル要素の強い投資よりも安定した収入を期待できる安定型の投資が適しています。安定型の投資の中でも定期的な収入を見込める不動産投資であれば、資産を長期的に運用し増やすことを目的とした投資を行なうことが出来ます。

【担当:中原 義則】

 - 投資

  関連記事

  おすすめ記事